カードローンを駆使して貯金をする方法

カードローンはお金を借りるということになるため返済時には利子がつき、トータル的には損をするのだろうと沢山の方が考えています。しかしそれはとんでもない勘違いです。お金がない、貯まらないという主婦の方こそカードローンは利用すべき金融商品なのです。


<カードローンは損をするものではない>

カードローン自体は確かにお金を借りることを目的とした金融商品なので各金融機関指定の利子をつけて返済をするというのが一般的な方法です。ですがお金を借りること自体は決して悪いことではなく返済時に支払う利息分も無駄なものではありません。
お金を前倒しして手に入れるということは要するに自分の給料を前借りするということです。来月入って来るお金を今手に入れたところで一年の総支出額は変わることはありません。利息分は前倒しによって発生しますが未来のお金を今に持ってくる訳ですから時間を買ったということと同等になるのでそれも損にはなりません。


<口座にしっかりお金が貯まる>

それでは損をしないローンを利用してどのように貯金をするのかというと、まずは返済方法を口座引き落としにして自分の口座から毎月返済額が引き落とされる返済方法を選択します。そして毎月の返済額より多い金額を毎月口座に入れインターネット上でそれを管理します。
そうすることで返済額以外のお金はそのまま口座に残ることになり、インターネットで管理して口座のカード等を持ち運ばないようにすることで簡単に引き出せないようになります。返済額より多い金額であればある程貯金はどんどん貯まるという仕組みになるのです。

夫に返済額より多い金額を入れるように頼みカードは家の金庫に管理するという方法もありますね。頑張って貯金を増やし家族旅行などみんなが楽しめる思い出を作る資金にしましょう。