カードローンの返済を苦のないようにする方法

よく主婦の方が家族に内緒でカードローンを利用したいと考えていますがそれはやはりおすすめ出来ません。何故なら一人でローンを抱えてしまい家族に対して隠し事をしてしまっているという部分もあり、精神的にも肉体的にも自分を辛い状況へといざなってしまうからです。


<無職での借り入れはとても難しい>

夫に内緒でカードローンを利用することは可能ですがそれは専業主婦では難しい方法です。銀行や消費者金融では安定した収入のある方にしかお金を貸さないため仕事がなく専業として家庭の管理をしている方は返済能力がないとみなされて契約すらすることは出来ません。もし無職の方でも借入可能と謳っている金融機関を見つけたらそれはかなりの確率で闇金にあたるため手を出さないようにしましょう。
家計を助けたい・夫には内緒にしたいという気持ちはとてもわかりますが奥さんやお母さんが隠し事をしていたと万が一夫やお子さんに知られた場合のことも考えてみてください。ご自身が逆の立場だったらどのような気持ちになるでしょうか。嘘も方便ということわざもありますがそれは嘘をつく側が嘘をついても苦しくないようにする為の言葉であって、嘘をつかれた側のことは何も考えていないという言葉ともとらえることが出来ます。相手にとって良い嘘というのは存在しません。信頼している家族に嘘をつかれたという現実を知ってしまった時の衝撃と悲しさは一生心に残ってしまいます。
家族に内緒でカードローンを組みたいと考えている主婦の方はなるべくその考えは改め、家族にきちんと相談してからカードローンの申込みをするように意識してみてください。


<カードローンの目的を家族全体の夢にする>

カードローンを利用する際には自分だけで抱えようとせず必ず夫に相談してから申込みをするようにしましょう。現在パートとして働いていて夫の給料ではなく自分の稼ぎから返済出来るという方も、返済が終わるまで確実にその収入を維持出来るのかはわかりません。突然の事故や病気によって収入がなくなった場合頼れるのは夫しかいないのです。

先のことは誰にもわからないと言うと何も出来なくなってしまいますが、その時に立ち向かえるのが自分だけか夫と二人かという点は随分と異なります。カードローンの利用目的は家族全体に関することに設定しその後の返済も家族一丸となって対応するようにすることで苦のない返済を続けて行けるようになるのです。目的を家族で共有しその夢に向かってカードローンを利用して心にゆとりを持って返済をしていけるようにしましょう。

おすすめ→主婦も利用できる消費者金融キャッシング