レディースキャシングのカードローンで主婦は救われる

みなさんは、レディースキャッシングというものをご存知ですか?
このカードローンを使うと、普通のキャッシングでは受けることができないようなメリットを受けることができてとっても便利なんですよ。
では、どのようなものがあるのでしょうか?


レディースキャッシングならば女性ならではのお悩みを解決してくれる

女性がお金を借りるとなると、他の人の目が気になってなかなか借りづらいですよね。
しかし、レディースキャシングならばそんな悩みにも答えてくれます。
たとえば、ネットだけで申し込みから融資までを完結させてくれるところがあり、店頭に行かなくてもお金を借りられるところがあるのです。
いちいち段階が進むたびにお店に行って手続きをするという暇がないという方は、このようなところでキャッシングを行うといいでしょう。
また、お金を借りようとしている主婦の方は同性である女性スタッフとだけ話したいでしょうから、レディースコールというサービスもあ利用するといいと思います。
無料で電話できるところもあるので、相談しながら借り入れの計画を立てたいという人はそのようなところでキャッシングをしましょう。


働いていない専業主婦でも使えるカードローンもある

通常キャッシングというものを使うには「安定した収入」というものが必要になってきますが、専業主婦でも使えるカードローンは自身に給料がなくても使えます。
ただし配偶者に「安定した収入」があることと、その人物からの同意書や夫婦関係を証明する書類があることが条件になります。
これらを満たして初めてカードローンが使えるので、これから借り入れをしようと思っている方は先に徹底的な準備をしておきましょう。

カードローンの返済を苦のないようにする方法

よく主婦の方が家族に内緒でカードローンを利用したいと考えていますがそれはやはりおすすめ出来ません。何故なら一人でローンを抱えてしまい家族に対して隠し事をしてしまっているという部分もあり、精神的にも肉体的にも自分を辛い状況へといざなってしまうからです。


<無職での借り入れはとても難しい>

夫に内緒でカードローンを利用することは可能ですがそれは専業主婦では難しい方法です。銀行や消費者金融では安定した収入のある方にしかお金を貸さないため仕事がなく専業として家庭の管理をしている方は返済能力がないとみなされて契約すらすることは出来ません。もし無職の方でも借入可能と謳っている金融機関を見つけたらそれはかなりの確率で闇金にあたるため手を出さないようにしましょう。
家計を助けたい・夫には内緒にしたいという気持ちはとてもわかりますが奥さんやお母さんが隠し事をしていたと万が一夫やお子さんに知られた場合のことも考えてみてください。ご自身が逆の立場だったらどのような気持ちになるでしょうか。嘘も方便ということわざもありますがそれは嘘をつく側が嘘をついても苦しくないようにする為の言葉であって、嘘をつかれた側のことは何も考えていないという言葉ともとらえることが出来ます。相手にとって良い嘘というのは存在しません。信頼している家族に嘘をつかれたという現実を知ってしまった時の衝撃と悲しさは一生心に残ってしまいます。
家族に内緒でカードローンを組みたいと考えている主婦の方はなるべくその考えは改め、家族にきちんと相談してからカードローンの申込みをするように意識してみてください。


<カードローンの目的を家族全体の夢にする>

カードローンを利用する際には自分だけで抱えようとせず必ず夫に相談してから申込みをするようにしましょう。現在パートとして働いていて夫の給料ではなく自分の稼ぎから返済出来るという方も、返済が終わるまで確実にその収入を維持出来るのかはわかりません。突然の事故や病気によって収入がなくなった場合頼れるのは夫しかいないのです。

先のことは誰にもわからないと言うと何も出来なくなってしまいますが、その時に立ち向かえるのが自分だけか夫と二人かという点は随分と異なります。カードローンの利用目的は家族全体に関することに設定しその後の返済も家族一丸となって対応するようにすることで苦のない返済を続けて行けるようになるのです。目的を家族で共有しその夢に向かってカードローンを利用して心にゆとりを持って返済をしていけるようにしましょう。

カードローンを利用する際に意識すべき注意点とは

高額出費のために学費のために生活のためにと様々な目的に合わせて利用されているカードローンですが、限度額までお金が借りられると言ってただ借り入れしてしまってはせっかくの計画も台無しになってしまいます。
今回はカードローンを利用する際に気を付けたい注意点についてご紹介致します。


<カードローン利用計画のポイントとは>

利用をするにあたり立てなければならないのはそのローンをどのように利用するのかという計画です。その際に意識するポイントは以下の3つです。

【計画する際に必ず出てくるポイント】
・何の為にそのローンを利用するのか
・返済日と給料日の関係
・収入と返済額の割合

金融機関を選択する際に意識するポイントとも類似していますがローン計画を立てる上でこの部分はとても重要です。ローンを組む際にはその利用目的も合わせて申込み時に記載しますし、収入と借入金額・月々の返済額が釣り合っている必要があるため意識したくなくてもせざるを得ないという点でもあります。


<注意すべきは計画外の利用>

カードを利用してローンを組むことが出来るためいつでもどこでも限度額いっぱいまでお金を引き出すことが可能です。だからこそ緊急時にも利用出来て便利なのですが本当に緊急の時以外には利用しないようにすることをおすすめします。

いつも家計を管理している主婦だからこそ計画以外のことには使わないという方がとても多いですが、だからこそ大丈夫だろうと思って何にでも利用してしまうと後々返済が辛いということにもなり兼ねません。計画外の利用は最低限に留めしっかり返済出来るようにしましょう。

カードローンを駆使して貯金をする方法

カードローンはお金を借りるということになるため返済時には利子がつき、トータル的には損をするのだろうと沢山の方が考えています。しかしそれはとんでもない勘違いです。お金が貯まらないという主婦の方こそカードローンは利用すべき金融商品なのです。


<カードローンは損をするものではない>

カードローン自体は確かにお金を借りることを目的とした金融商品なので各金融機関指定の利子をつけて返済をするというのが一般的な方法です。ですがお金を借りること自体は決して悪いことではなく返済時に支払う利息分も無駄なものではありません。
お金を前倒しして手に入れるということは要するに自分の給料を前借りするということです。来月入って来るお金を今手に入れたところで一年の総支出額は変わることはありません。利息分は前倒しによって発生しますが未来のお金を今に持ってくる訳ですから時間を買ったということと同等になるのでそれも損にはなりません。


<口座にしっかりお金が貯まる>

それでは損をしないローンを利用してどのように貯金をするのかというと、まずは返済方法を口座引き落としにして自分の口座から毎月返済額が引き落とされる返済方法を選択します。そして毎月の返済額より多い金額を毎月口座に入れインターネット上でそれを管理します。
そうすることで返済額以外のお金はそのまま口座に残ることになり、インターネットで管理して口座のカード等を持ち運ばないようにすることで簡単に引き出せないようになります。返済額より多い金額であればある程貯金はどんどん貯まるという仕組みになるのです。

夫に返済額より多い金額を入れるように頼みカードは家の金庫に管理するという方法もありますね。頑張って貯金を増やし家族旅行などみんなが楽しめる思い出を作る資金にしましょう。

カードローンが家計を助ける理由とは

一週間を通して献立を考え冷凍庫を駆使して調理したものを保存しつつうまく回せば、一度に買い物を済ませることも可能ですし小分けの野菜よりも丸ごとの野菜の方が安く購入することが出来て一石二鳥です。

しかしそんな計画的な運用は最初良くても後々その通りに出来なくなる時もあり、結局消費期限が切れて食材を捨てることにも繋がり最後には損を呼び込んでしまう時もあるのです。


<ギチギチな計画よりも緩やかな計画を>

計画を一日単位に細かく立てて管理することが出来るのであれば良いのですが、突然の出来事が舞い込んだ際に崩れやすいという特徴も併せ持っています。お子さんが知らせるのを忘れていて実は明日お弁当になったのだという時や夫が突然会社の飲み会に出席することになったという時など、食事を準備しなければならなくなった・準備していた夕食が翌日の朝食になったなどの事態が起こる可能性はとても高いのです。
しかし細かく設定していたからこそその計画が一つ崩れると食材が足りなくなりいつもより多く買い物をすることになります。


<カードローンは年単位の計画で良い>

その買い物は本来すべき出費なのですがギチギチに計画してしまったことによってその買い物ですら無駄なものと捉えてしまいます。これはとても良くないことでそのライン上にいなければならないという責任感が仇となる瞬間なのです。
毎日ではなく年単位の計画を持って利用出来るカードローンは毎日の買い物で幅のない金額だけを意識する必要もなくなり余裕を持って家計管理が出来るようになります。主婦の方でも利用出来るカードローンはとても沢山あるので是非一度見てみてください。